「荒波の時代」を生き抜く


みなさん、こんにちは。外出するのに、長袖のシャツがちょうどよい季節になってきました。今年は異常気象なのか、初夏の雨が長く、8月の暑い日々も短く、秋の長雨が続いている今日この頃です。みなさんも体調管理に気をつけてください。


相変わらず新型コロナウイルスの感染者が毎日続出しております。それでも多くの人々がマスクを着用して出勤、通学しなくてはならず、息苦しさと閉塞感を感じさせられます。実際、街角景気は到底良いとはいえず(というよりも、かなり悪い)、失業者や倒産企業の数もこれから増していくことでしょう。


コロナの影響は、産業界のみならず、教育界にも多大なる悪影響を及ぼしているといえます。やはり、濃厚接触や三密をさけなくてはならないことから、学校での生活や活動もかなり制限されてしまいます。


とくに、来年の入試は、受験生も今まで以上にストレスフルな状況で試験を受けることになるでしょう。ある教育関係者は、来年の大学入試は、受験生も地元志向、安全志向で、大都会に出るのを避ける可能性があると予測していました。大学生など、せっかく大学に入学したのに、経済的な理由や精神的な行き詰まりから中退した人、中退を考えている人もいます。


また、就職戦線も異常ありといえる状況になることでしょう。日本企業の多くが今までの「新卒一括採用方式」を変えるようになるとは思えないのですが、それでも、ライン、スカイプ、ズームなどを利用した遠距離面接試験を行い、採用試験のあり方も激変していくと思われます。しかし、企業側の都合で一方的に内定を取り消されてしまった人、新人社員の人でも休業を命じられた人もそれなりにいるようです。


今の世相は、まるで台風で海が荒れ、ヤシの木も暴風で吹っ飛ばされているようなものです。私たち一人一人の人生も「コロナ」という名の暴風にさらされ、人生計画が大きく狂わされているような感じです。コロナという「人生の台風」は少なくともあと一年は続くでしょう。また、かりにコロナが収束したとしても、新しい疫病や戦争、異常気象や飢饉など、地球規模の新しい問題が生じるような気もします。


どちらにしても、ごく一部の特権階級の人たち(一時期、「上級市民」という言葉が流行りましたが、、、)を除いて、私たちの大部分が「保証\」と「安定」は期待できない時代が長く続くことでしょう。それでも、私たちは生き抜かなければならないのです。


私たちスカイビジネスは、もちろん直観を中心とした人間の能力開発の研究、世界に通用するビジネス英会話指導などをこれからも行ってまいります。


同時に、みなさまの心の悩み、勉強や仕事の悩みを真摯に受け止め、ご一緒に解決策を探してまいりたいと思います。一人で思い悩まず、お気軽にご相談ください。


Sky Business JPN Title.png

©2020 Dr. Jun Nara, Sky Business, Co. Ltd.. All rights reserved.