Mine Detector & Acupoint

November 13, 2018

 

As my research goes on, some people (including experienced acupuncture therapists) said to me that intuition has nothing to do with acupuncture. They don't understand at all why I have cognitive interviews with some acupuncture therapists and what I'm trying to figure out. Moreover, these people are very suspicious of intuition --it is no use to study intuition because intuition is not perfect.

 

I know the fact that people have different attitude toward intuition. Some people recognize intuition has relationship with expertise and helps our creativity. Other stress we should not depend on intuition because we tend to have biases and over-confidence (therefore, they recommend we make our judgments based on numerical and statistic data).

 

We, Naturalistic Decision-Making (NDM) researchers, fully accept both opinions. Yes, experts in any field usually have strong intuition and creative minds. However, of course, intuition has weaknesses --after all, human make wrong judgments and decisions.

 

To me, acupuncture looks like detecting mines. As you can see the above picture, the soldiers are using the devices to detect the mine. Likewise, acupuncture therapists use their fingers to detect right acupoints where the needle should be inserted. Amazingly, both finding out the location of mine and acupoint need human intuition.

 

According to Gary Klein's Twitter (Gary Klein@Kleinsight) on April 20, 2018, he introduced an interesting story.

 

'The US government used to spend $39M in a decade to develop better mine-detectors, but the devices were useless. However, there was a person who used mine detectors skillfully. NDM researchers had cognitive interviews with him. Then, they revealed his tacit knowledge --how this man works his mind, the mechanism of his intuition. Finally, this finding leads to much better equipment.'

 

This is the same as acupuncture. If less experienced therapists and students can learn tacit knowledge from experienced people, they can improve their clinical skills much faster than expected or average therapists. Moreover, findings on tacit knowledge can be applied to the development of new medical devices. 

 

This is the reason why I'm now studying cognitive science in acupuncture.

 

 

「地雷探知機と経穴」

 

私の研究が進むにつれて、(経験豊かな鍼灸師も含めて)数名の方が「鍼灸に直観は関係ない」などと言ってきた。彼らは、なぜ私がさまざまな鍼灸師に認知インタビューを行っているのか、また、インタビューの結果、何がわかるのか、さっぱりわからないでいる。さらにいえば、彼らは直観それ自体についても疑っているーー直観を研究しても、どうせ人間のすることは完全ではないのだから、ムダだと。

 

私たち、現場主義意思決定(NDM)の研究者は、直観を信用する人達の意見と、直観に懐疑的にとらえる人たちの両方を幅広く受け入れている。たしかに、エキスパートとされる熟練者は鋭敏な直観力をもっていて、クリエイティブな人が多い。しかし、もちろん、直観にももろさがあるーー結局、人間は間違った判断や決断をしてしまうものだ。

 

私にとって、鍼灸とは地雷探しによく似ていると思っている。上の写真を見ておわかりのように、兵士が探知機を使って地雷を探している。同様に、鍼灸師は自分の指先を使って適切な経穴(ツボ)を探し出している。その経穴に鍼が打たれるのである。興味深いことに、地中の地雷にせよ、経穴にせよ、それらを探し出すにはやはり「直観」が必要となるのである。

 

ゲイリー・クライン博士のツイッターに、以下のような投稿があるので紹介しよう(2018年4月18日付)

 

「アメリカ政府は過去10年間で3千9百万ドル(約44億5千万円)を投じて、地雷探知機を開発した。しかし、その開発はムダに終わった。ところが、探知機を巧く使って地雷を見つけ出す人がいた。そこで、NDM研究者たちが『認知インタビュー』を行って、彼からその秘訣(直観の働かせせ方)を聞き出した。その発見が、より高性能な地雷探知機の改良に結びついた。。。」

 

このことは、鍼灸にもそっくり当てはまるのである。仮に、経験が浅い鍼灸師や専門学校の学生がベテラン鍼灸師からそうした秘訣を学ぶことで、ベテランになるまでの時間を短縮することができる。もっといえば、ベテラン鍼灸師からの学べる秘訣を医療機器に応用することも可能なのである。

 

だから私は、現在、こうして鍼灸における認知科学の研究を遂行しているのである。

 

 

Please reload

Sky Business JPN Title.png

©2019 Dr. Jun Nara, Sky Business, Co. Ltd.. All rights reserved.