[OJE] ジューン博士のOne Point英会話 (1)


みなさん、こんにちは。楽しい一夜を過ごしていますか?

親御さんは、サンタさんになりきって、お子さんのクリスマス・プレゼントの用意で大変かもしれませんね。

今日から不連続で、不定期ですが、当ブログでワン・ポイントの英会話表現をお教えしたいと思います。

ちょっとした日常会話などでお役に立てるとうれしいです。

さて、記念すべき一回目は、

'Please have happy holidays!' (楽しい祝日をお過ごしください!)

です。

よく日本人も、「メリー・クリスマス!(Merry Christmas!)」といってクリスマスをお祝いして、挨拶します。

しかし、日本人の多くは宗教に無頓着だからそういうのであって、一歩海外に出たらそういうわけにはいきません。

とくに外国の方は宗教については敏感なのです。

メリー・クリスマスは、あくまでもキリスト教のお祝いであって、ユダヤ教、イスラム教、仏教などの他の宗教のお祝いではありません。

でも、世界的にはこの時期は冬休みになり、社会全体がお祝いムードになります。

そこで、私が他人と会って挨拶するときは、'Happy holidays!'といったり、また、そういって別れます。

そういえば、その人の宗教を知らなくても角が立たないものです。

そういうわけで、みなさん Have happy holidays!

Sky Business JPN Title.png

©2020 Dr. Jun Nara, Sky Business, Co. Ltd.. All rights reserved.