Observation (1)@Toyo Acupuncture College


In this morning, I visited the Toyo Acupuncture College to observe a clinical class. President Hironao Takeuchi generously gave me his permission to his class.

At the beginning of the class, Dr. Takeuchi asked me to introduce myself in front of the students. Because I was a little bit nervous, I was stuttered. A few female students laughed at me, but they listened to me very attentively. I explained about the purpose of my research and why I need to observe the class. Fortunately, the students seemed to focus on practice during my observation.

During clinical training, I was very curious about a male students. He became a mock patient while a female student (acted as a therapist) pressed his toe with her fingers. Then, he suddenly shouted, 'Ouch!' According to Dr. Takeuchi, there are some acupoints on the toe that connect with back. Because the male student has a backache, the acupoints on the toe reacted to the pressure.

If I had a backache and see an orthopedic surgeon, the doctor will examine my back only. However, in Oriental medicine, every part of the body links with each other through Meridians. More importantly, experienced acupuncture doctors can find out the weak part of the patient's body based on the map of Meridians. Then, they insert the needle into proper acupoints.

When I was about leave the College, I happened to meet Dr. Sadahiro Takiguchi, Instructor and secretary of Dr. Takeuchi. I was very glad because he also seemed to be very interested in my research.

I truly appreciate all people of the Toyo Acupuncture College.

「見学(1)@東洋鍼灸専門学校の実習クラス」

今朝、東洋鍼灸専門学校を訪問し、実習クラスを見学させていただいた。これも、竹内廣尚校長先生が寛大にも見学の特別許可をしてくださった。

実習が始まる前に、竹内先生が私にクラスの皆さんの前で自己紹介をするように言われた。私は少しばかり緊張してしまって、どもってしまった。数人の女子学生がクスクスと笑ったようだが、どの人も熱心に私の話に耳を傾けてくれた。私は、自分の研究目的と、なぜ見学させていただく必要があるのかを説明した。幸いにも、学生の皆さんは(私にかまわず)実習に集中していたようだった。

実習中、私はある男性の学生が気になった。彼は患者の役をやっており、パートナーの女子学生が(鍼灸師の役で)彼の足の指を手で力を入れて揉んだ。すると、彼は「痛えええ!」とか言ってわめいた。その場にいた竹内校長先生が、彼はかなりの腰痛をかかえている、と指摘したのである。なぜなら、足の指には腰につながる経絡があり、ある経穴に痛みが生じているということは、腰がやられていることを示しているからである。だから、彼は、女子学生の指での刺激に反応したのである。

もし私が腰痛をかかえて、整形外科医に診てもらったら、その医師は私の腰だけを診ることになるだろう。しかし、東洋医学では、経絡を通して体のあらゆる部分がお互いに関連していると説く。もっと重要なことは、経験豊かな鍼灸師は、経絡の地図からその患者の体の弱い部分を割り出すことができるのである。

見学が終わり、同専門学校から去ろうとしたとき、講師で、竹内校長先生の秘書的存在の瀧口弘定先生にお会いした。瀧口先生も私の研究活動に興味を示してくださった。

東洋鍼灸専門学校の皆様に心より感謝申し上げます。

Sky Business JPN Title.png

©2020 Dr. Jun Nara, Sky Business, Co. Ltd.. All rights reserved.