Cognitive Interviews 1&2@Drs. Yume Okuzono & Rei Sekiguchi

November 27, 2018

 After observing Dr. Takeuchi's clinical training class at the Toyo Acupuncture College in Shin-okubo, Tokyo, I moved to Musashi-koganei, Tokyo. I had my appointment to see Drs. Yume Okuzono and Rei Sekiguchi at the Sekiguchi Acupuncture Clinic. Then, I conducted a cognitive interview with them.

 

Cognitive interview is not a typical interview. Rather, it looks like a psychological test to examine the process of thinking and other mental functions. I especially focused on the topic of how they notice some abnormalities of their patients' body.

 

Very interestingly, both of them replied to me that as they have more experience they can gradually notice subtle and invisible patient's mental and physical conditions.

 

For instance, when Dr. Okouzono touches the patient's shoulders, she sometimes notices other health problems (that the patient her/himself doesn't notice). I remember my experience in Dr. Takeuchi's clinical training class. A female student examined a male student's toe and noticed the male student had a backache.

 

 

Dr. Rei Sekiguchi is the director of the clinic. He also kindly shared his story with me. He stated when he was a student he was just obsessed with a huge amount of medical knowledge. However, as he had more clinical experience, he could see his patients without obsession -as if his mind becomes more freely or he thinks freely.

 

We also discussed pattern recognition and imagination in clinical settings. Indeed, my cognitive interview was so successful. I truly appreciate both Drs. Okuzono and Sekiguchi.

 

 

 

『認知インタビュー1&2 -奥薗ゆめ先生&関口礼先生』

 

今日の午後(11月27日)、東京・新大久保にある東洋鍼灸専門学校の実習クラスを訪問した後、東京・武蔵小金井にある「せきぐち鍼灸整体院」を訪問した。鍼灸界のご縁から、同治療院の奥薗ゆめ先生と関口礼院長先生にインタビューする機会を得たのだ。

 

すでに説明してきたように、認知インタビューとはふつうのインタビューとは種類が異なる。それは、その人の思考プロセスや心の働きを読むためのものである。今回のインタビューで私が心がけたこととは、お二人がどのように患者さんの体の異変を察知しているのか、ということである。

 

大変興味深いことに、やはりお二人とも臨床経験を積むことでそうした患者さんの微妙で目に見えない体の異変を察知できるようになってきているのだという。

 

たとえば、奥薗先生は、患者さんの肩を触ったとき、その患者さん自身が気がついていなかった心身の不調を察知できたこともあったという。このお話しを伺ったとき、今日の午前に竹内校長先生の実習クラスでの体験を思い出した。ある女子学生が患者役の男子学生のつま先を強く揉んだら、腰の異常を発見したという話だ。

 

関口礼先生は、当院の院長である。関口先生も彼の臨床経験をお話ししてくださった。先生が専門学校生のとき、膨大な知識を吸収することで精一杯だったそうだ。しかし、経験を積むことで、知識にとらわれずに患者さんを診ることだできるようになったというーあたかも、心が自由になったような感じだというのである。

 

その後、私たちは臨床現場でのパターン認識やイメージ能力についても話し合った。

 

お陰様で今回のインタビューは大成功でして、奥薗ゆめ先生ならびに関口礼先生に心よりお礼を申し上げます。

 

 

Please reload

Sky Business JPN Title.png

©2019 Dr. Jun Nara, Sky Business, Co. Ltd.. All rights reserved.